【FX 基礎知識 初級】追証怖い、海外口座なら追証請求一切無し!ゼロカット方式って何?

FX用VPS 特別割引キャンペーン!

追証って怖い?

4de81867cbd6daa912b0bf816a575316_s

追証とは?

追証と聞くと、なにか物凄く怖いイメージありますよね!

ズバリ追証とは、投資金以上の損失を出して、さらに追い金を入れないと

いけないという状態です。

株の信用取引でよくある話です。

ではFXではどうなのか?

日本口座の場合、そういう事態に陥ることはあります。

それは、日本口座では0カットシステムというのがないのです。

海外口座の場合0カットシステムを導入しているところが多いので、

これを導入している業者で口座をつくれば、追証を気にしなくてよくなります。

 

追証ってどういうときに発生するの?

ズバリ、大きく相場が急変したときに、発生する可能性が高くなります。

例えば、リーマンショック、サブプライムローン問題、大震災など

めったにないが、忘れたころにやってくる、大きな出来事で為替が急変したときが危険です。

こういうときって上写真のチャートのような、普段考えられない大きな変動をします。

いい方向への変動であれば、一発大儲けですが、望まない方向に動いてしまった

場合は大損失となります。

こういうときに含み損が証拠金(軍資金)をぶっ飛ばしてしまうことになるのです。

但し、日本、海外口座ともに、追証が発生しないように、含み損が証拠金をぶっ飛ばしそうに

なると、ロスカット、強制決済するようになってます。

なので、日本の口座でも、追証が発生することは、あまりないと考えていいですが、

リーマンショックとか大震災レベルで急変したときにロスカット機能が追いつかづ、

証拠金を上回る損失が出てしまう可能性もあるということです。

 

0カットシステム!やはり海外口座は神!

海外口座の場合は強制決済(海外の場合マージンコールと呼ばれている)

はもちろん、さらに0カットシステムというのが導入されている業者が多いのです!

0カットシステムとは、万が一追証が発生しても証拠金以上の損失が発生しない、

というかマイナス分を0にしてくれるのです!

ハイレバレッジが常識の海外口座では、一般的な機能なのです。

日本口座は意味不明のレバレッジ規制のおかげで、こういう機能もろくにないのです。

海外口座でもまれに、この機能がないところもありますので、この機能有無は

重要項目としてチェックしておくべきです!

日本の規制は意味不明なのが多いので、やはり海外口座がおすすめです!

 

まとめ

追証とは         ⇒ 突っ込んだ軍資金以上の負けが発生すること

追証発生を防ぐ処置     ⇒ 日本、海外ともに強制ロスカット機能がある

追証は気にしなくていいの ⇒ 日本口座の場合、相場急変時に強制ロスカットが追いつかず発生する可能性がある。

海外口座は大丈夫なの   ⇒ 0カットシステムの有無を確認し、導入される口座なら大丈夫

日本、海外どっちがいいの ⇒ どう考えても海外口座!

 

 

サイトマップ

 

 

 

 

スポンサーリンク

fx-on.com 投資クラウドソーシング

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ