【FX 基礎知識 初級】チャートってなに?ローソク足?時間軸?意味不明

FX用VPS 特別割引キャンペーン!

チャートってなに?この折れ線グラフの意味するものって?

ちゃーと

 

FXでトレードを行うにあたり、判断する材料としてファンダメンタル分析と

テクニカル分析がありますね。

ファンダメンタル分析は、各国の経済状況や経済指標などの情報を得て裁量で

為替の売買の判断材料にするもの。

かたや、テクニカル分析は過去の流れを統計的に見て、グラフ化して分析、売買の判断とします。

グラフ化されたものがチャートと呼ばれます。

 

チャートとは

チャートとは、統計数学に基づいたもので、 FXだけでなく、株、先物のテクニカルの判断材料

にも使用されます。

過去の値動きを統計かしたもので、相場の歴史は繰り替えさえるがごとくに過去の同じような

値動きが参考になります。

 

経済やマーケティングの中で、唯一過去の出来事が生かされるのがチャートです。

経済の流れは、だいたい過去の事例に似通ったことが多く、未来の分析に大変参考になります。

商品開発などは、過去の商品を見ても「そういえばあんなのあったな。懐かしいなあ。」の一言で

終わってしまいます。

商品化されたものは、消耗されて、色褪せて無くなっていきます。

再販される例など本当に希少でしょう。

 

FX会社が提供するツールのチャートやMT4のデフォルトには、ローソク足をベースに

お好みなチャートの種類を乗せて分析を行うと言う形が一般的なテクニカル分析ですね。

 

 

ローソク足ってなに?

まずは、ローソク足を理解しましょう。

ローソク足は、陽線と陰線に分かれます。

陽線とは、買いモード、陰線は売りモード、陽線は、白や赤系、陰線は黒か青系で

表せられることが多いようです。

ローソク足の実態が長ければ、陽線、陰線共それぞれトレンドが出ている状態が現れています。

ローソク足の上が終値、下が始値を指し、上、下共にヒゲが出てますが、

それがトレンドを判断するシグナルとも言えます。

上から伸びているいて上が高値、下に伸びているのが、安値となります。

 

ローソク足の実態が短く、上ヒゲ、下ヒゲが長い場合は、トレンドの方向性が不明確な

場合が多いです。

やはりトレンド把握するには、実態そのものが長い場合で判断することが多いようです。

ベースには、こうしたローソク足に移動平均線などを乗せていきます。

こうしたチャートをトレンド系とよびます。

トレンド系言葉の通り相場の流れ、トレンドを分析するものです。

基本的な移動平均線、ボリンジャーバンド、一目均衡表などが主に分析によく利用されます。

その他にもたくさんのトレンド系の分析方法があります。

 

オシレーター系ってなに?

かたやオシレーター系と呼ばれるチャートがあります。

売られすぎ、買われすぎの観点から売買の分析の方法の一つとします。

RSI、MACD、RSI、RCIなどがよく投資家に使われているのようです。

オシレーター系のチャートもかなりあるので、興味があるのならば、

試してみてもいいですが、私はこの辺を追及して泥沼に嵌りました。

 

時間軸ってなに?

チャート

また、チャートには時間軸があります。

週足、日足、4時間足、1時間足などトレードする形により、表示するチャートの時間軸も異なります。

スウィングトレードですと、日足や4時間足を参考にしますし、

デイトレなら4時間足、1時間足、30分足を参考にしますし、

スキャルピングなら30分足、15分足、5分足あたりを利用します。

 

ファンダメンタルと合わせて、チャートを良く理解してテクニカル分析を駆使して

利益を積み上げられるようにしたいものですね。

 

まとめ

今回はFXの基礎的な内容書いてみました。

初心者の場合はそもそもチャートってなに?ってなりますよね!

オシレーター系のパラメーターこねくりまわすまでの研究は、お勧めしないですが、

チャート(折れ線グラフ)の味方ぐらいは抑えておきましょう!

オシレーター系はあーそういうのもあるね、ぐらいでOK。

追及してもカオスになるだけで、勝てるようにはなりません!

 

サイトマップ

 

 

 

スポンサーリンク

fx-on.com 投資クラウドソーシング

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ