【FX EA 検証 実践記】10年近く追い求めてきた究極のロジック→その答えは?

FX用VPS 特別割引キャンペーン!

10年近くあらゆるロジック、EAを検証し、辿り着いたのは!

ff1fb96186aa4bd51ae24d655fadff11_s

結局究極のロジックって?

FX自動売買究極のロジックを追い求めて、かれこれ10年程、株時代も含めると

20年近く、いつの間にか経っていた。

あらゆるタイプのEAを実戦し、膨大な時間と授業料を費やしてきましたが、ようやく辿り着いたかも!

究極のロジックはズバリ!

”両建てトラリピ型、両建てグリッド型”

なんだ、そんな簡単なもんじゃねーだろ!

と思われるかもしれませんが、個人的にこれが、一番勝てる!

というか、実際にいろんな、EAを検証してきた中で、最終的に、

ずっと使ってるのは、このタイプのものになった。

もちろん弱点もあるので、その弱点(リスク)を少しでも、弱めるために

両建てが有効になる!

 

弱みと対策

 

トラリピ型、グリッド型まとめは前回の記事でも書いた以下内容。

 

強み

・相場がうねり続ける限り、淡々と利益確定を積上げていく。

・日々決済があり、退屈しない。

・基本的に損切しないので連勝を積上げ、その連勝で含み損を凌いでいける。

 

弱み

・一方通行相場時はじっと我慢の無駄な時間となる。

・口座を飛ばさないよう安全マージンの確保(それなりの軍資金)が必要。

 

弱み対策は?

 

・一方通行相場

⇒両建てにすることでリスクヘッジしながら反対側で利益確定を積上げ、無駄な時間を無くせる。

 

・安全マージン確保(それなりの軍資金)

⇒海外口座でレバレッジ400倍を駆使すれば、10万円あれば十分戦える。

(私は5万円からやってました)

さらに両建てすることで、安全マージンを維持しやすくなる。

 

・煩悩との戦い

⇒調子に乗って、安全マージンを超えて投入ロットをあげてしまいます人間はーーー

私は、あせって何度もぶっ飛ばしてます。

安全マージンとって放置が結局近道!

 

というわけでが私が苦節10年(株時代含めると20年)ひたすら追い求めた究極のロジックは

”両建てトラリピ型、両建てグリッド型”

 

トラリピとグリッドの違いは?

トラリピとグリッドのちがいは、決済の仕方が違います。

 

トラリピは

個々のポジションに対し、それぞれ利益出たところで、決済していきます。

 

グリッドは

個々のポジションで決済ではなく、例えばナンピン5本入れたときに、

その、全てのポジションの平均を上回ったときに、全部まとめてに決済します。

 

どちらも優秀ですが、個人的にはグリッド型のほうが、わかりやすいです!

 

まとめ

究極のロジックは            → 両建てトラリピ型EA、両建てグリッド型EA

弱み対策は          → 両建てにする、海外口座を使う、安全マージン確保

トラリピとグリッドの違い  →    似ているが決済方法が違う

 

サイトマップ

 

 

スポンサーリンク

fx-on.com 投資クラウドソーシング

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ